草野誼「愚者の皮」のネタバレと感想、無料試し読み情報を書いていきます。整形で人生を狂わせた女の話です。

愚者の皮 塩酸をかけられた結末があり得ない!!!

空白ページ

愚者の皮の結末「塩酸事件」が話題になってますね!

 

ネットでも「怖い漫画」で有名になった愚者の皮。

ストーリーもかなりおもしろかったです!
久しぶりにこんな深い話の漫画読みました♪

 

読み終わったとはすっきりでしたよ♪

かなりオススメの漫画です!!

 

愚者の皮 塩酸事件ってなに?

 

愚者の皮のラストシーンに登場する塩酸事件。

 

あよと英馬がようやく幸せを取り戻したとおもったら、
最後の最後にこんな酷い塩酸事件がおこりました。

 

 

ほとがみさんという、あよの近所に住んでいたおばさんがいます。

 

このババア←(言葉悪くてすいません)が
あよの顔に塩酸をかけるのです。

 

 

塩酸をかけて、顔がただれ、失明する事件って海外で多いみたいですね。

 

日本ではそういった事件はあまり聞いたこと無いので
日本は凄く安心できる国だと思いました。

 

 

インドではレイプが多発しているなんていいます。

警察署内で警察官が一般人をレイプしたりするみたいです。

 

助けを求めてきた人さえもこういった犠牲に遭うようです。

 

また、インドに旅行しにいった女性がホテルの支配人から
レイプされそうになったという事件も遭ったようです。

 

これを聞いてインドが本当に嫌いになりました。

インドは絶対に旅行に行っちゃダメですね!

 

 

 

あっ。
すいません。

 

話がだいぶズレてしまいました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)

話戻しますね♪

 

 

 

 

それにしてもこのほとがみという人は
本当に異常な人です!

 

人の顔の塩酸をかけるなんて狂い過ぎています!

 

愚者の皮2巻でこのシーンを読むことができますよ。

 

 

最悪な人生を味わってしまうあよの壮絶な人生が
読者の心を奪います!

 

 

噂どおり、本当に怖い漫画でした。。

 

 

愚者の皮は2巻簡潔ですので、
結末もサクッと読めていいです。

 

塩酸事件も2巻の終わりで読むことができます。

 

 

 

是非読んでみてくださいね。

 

 

まんが王国で読むことができますよ♪

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「愚者」で検索するとすぐに出てきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


× 8 = 四十 八